--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/18(木)08:00
前回の補足↓

土地境界の確認をする際必要となってくるのは、

1.隣接地所有者との立会により設置した境界杭(物による証拠:物証)

2.上記境界杭設置後作成された測量の成果としての図面(書類による証拠:書証)

この2つが揃って初めて土地境界が確認できていると言えます。



前回の続き

公図に表示された土地境界について問題の大部分は以下の2パターンがあります。(特殊な

ケースもありますが、ここでは省略します。)

1.公図が字図で地積測量図も無い場合。(書証も物証も無い)

2.字図以外の公図。又は地積測量図が存在するが、現地に境界杭が見当たらない場合。

(書証はあるが物証が無い)



文章で書くと分かりにくくなるので、土地境界確認作業をフロー図にしました。

土地境界確認までのフロー図(クリックで拡大)

フロー図

このような順序の元、土地境界の確認がされていきます。



当初法務局備え付け地図(公図)の説明のみのつもりだったのですが、だんだん脱線して土

地境界確認作業にまで話が及んでしまいました。

ちょっとややこしく書いてしまった感が・・・たはー



新たに土地境界の確認作業を行った場合の注意点

境界杭の設置の後、作成した図面(書証)を法務局に登記することにより、図面は新たに「地

積測量図」として、法務局に永久に保管されます。

あとは境界杭(物証)を大事に保管してください。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いくこさんへ
①過去の立会を元に作成された図面がある。
②その図面に示された位置に境界杭がある。

以上2つの条件が満たされていれば、
土地境界の立会を省略しても構わないと
私は思っていますが、

もちろんそれでも土地境界について立会を
行う事は良いことだと思います。
隣接地の所有者が変わっていたりした場合、
新しい所有者は土地境界について異なる認識
をしている場合もありますからね。

すばらしい考えだと思います。
2009/06/20(土) 19:09 | URL | きいちろう #-[ 編集]
みたよ
ふろーちゃーと みたよv-16
境界杭があっても立会しよーよ
2009/06/20(土) 18:09 | URL | いくこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whitecannon.blog59.fc2.com/tb.php/60-53008a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール
最近の記事+コメント

World-Word-翻訳
FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
英検2級英単語4択ドリル
 | 豊後杵築のきいちろうTOPへ | 
Copyright © 豊後杵築のきいちろう All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。