--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/28(金)08:38
今日の晩御飯は仲の良い友達と頂きました。

同じ商工会青年部に在籍しているので、

話題は自然と杵築市活性化の話題に

地域住民や行政の努力のおかげで、杵築市に観光で訪れる方が増えてきました。

それは単純に喜ぶべきことなのですが、


友達が

観光だけではいつかはすたれてしまう

ここから先が大事なのだ

観光に来て、杵築に触れて、住民になりたいと思えるところでなくてはならない。と


なるほど

良い観光地であるかの判断基準の1つに「リピート数」がありますが、

観光に来た方が杵築市民になってくれれば、その「リピート数」は

∞(無限大)になるわけです。


なんだか妙に納得させられました。
スポンサーサイト
2010/05/26(水)18:58
前回の続き

研究会も終わり、懇親会です。
懇親会会場

おしゃれな店じゃないですか!!

店内も
店内

おしゃれなお店はビールもプレミアムモルツ

やりおります。

しかし、どこでもビールを頼む私はどうなのか?

続いて2次会

居酒屋さんです。

ラーソーメン
(ラーメンの麺をツユで頂きます)
ラーソーメン

これはうまかった。最高です。

博多にお越しの際は是非!

話は尽きず、だんだんと脱落者が・・・
2次会終盤

いつものパターン。

でもこの人たち、またしばらくしたら急に復活してくるんです。

持久戦になれた方々ですね。

最後はウーロン茶で乾杯。
乾杯

午前3:00解散。

午前4:30就寝
午前9:00起床

さすがに眠いし、しゃべりすぎてノドが枯れてるし。

早めの昼ごはんを食べて帰路につきました。

ここで最後の落とし穴。

ソニックが最寄り駅の杵築で停まってくれな~い
杵築通過の風景

しかたなく次の停車駅、別府で引き返します。

1時間のロスでした。
2010/05/25(火)08:14
九州各県、山口、滋賀の土地家屋調査士が博多で研究会をすると聞き、

興味深々。

eijiさんsanちゃんの3人で行ってきました。

午前10:30博多駅到着

しばらくすると他の参加者たちも集まってきて、皆で昼食を・・・?

昼間っからビールを頂きました。

今日は私的な集まりで、皆自費参加。

いつもよりかなり、リラックスムードに浸っています。

午後13:00会場へ
研究会会場

研究会テーマは「登記所備付け地図作成事業について」

各県で行っている作業方法を検証してみようという趣旨です。

今回は研修会ではなく、研究会なので発言も自由、

私も積極的に参加するため、出来るだけ前に前に陣取り。

研究会はリラックスムードを維持しつつもお遊びにならず、真剣に議論されていました。

やっぱり自腹ででもここに集まる「気」を持った方たちです。

押さえるところはきちんとしてます。

私は開業間もなくからこの地図作成関連事業に携わり、

事業に、そして一緒に仕事をする仲間に育てて頂きました。

そしてこれからも事業を通して学び、成長していきたいと思っています。

約4時間、非常に有意義な時間を過ごしました。

このあとはいつもの懇親会です。

つづく
2010/05/12(水)08:46
先日、飲み会の席で

「ディスカッション」「ディベート」の違いについて聴き、なるほどと思ったのですが、

う~ん 酔っててよく覚えていないので

調べてみました。

ディベート

ディスカッション・議論との相違の段落

ディスカッションとディベートとは、意見対立の有無という点で異なる。

1つのテーマについて意見を交わすのは「ディスカッション」

そのテーマについて対立した意見としてそれぞれの立場で意見を述べ合うのが「ディベート」

それと「ディベート」にはその意見を聞き、最終的に判断をする第三者(傍聴人?)が必要らしい

最終的な判断を取りまとめるのが、

「ディスカッション」では当事者。

「ディベート」ではお互いの意見を聞いていた第三者となる。


この2つを自分なりに使い分けるとすると・・・

まず基本は「ディスカッション」ですかね

1つのテーマについてお互いに意見を述べ合い、最終的に1つの結論を導く形

しかし参加人数は2~10人位までが限界ですよね

参加人数が多くなってくるとさまざまな意見が飛び交い時間ばかり浪費したり、

言いたいことが言えなくなってきたりするので。


そこから「ディベート」の出番ですね。

テーマに対して予想される意見(たとえば保守派、改革派のような)の代表者に

自分たち(各派)の意見を述べてもらって、その意見を聞いた人たち(第三者)が思考し、

結論を出すと。


政治の党首討論会はこの手法(ディベート)なんですね。

ちょっと納得。

でも、すべての議論の大前提として胆に命じておきたいことは

自分(たち)はこうしたい!

と意見を言うのが基本であって、

あなた(たち)はここがイカン!

ばかりにならないようにしたいですね。
2010/05/08(土)07:48
ツール・ド・国東の翌日

5月4日・5日は「きつきお城祭り」が開催されました。

今年は2日間とも良い天気。

特に初日は夏を感じさせるほどの日差しにちょっと日焼けしてしまいました。

私は商工会の青年部員としてお祭りに参加。

sigeくんsatsuくんも仮装スタッフとして参加してくれました。

satsuくん、酢屋の坂にて
NEC_0788.jpg

江戸行列
NEC_0792.jpg

sigeくんsatsuくん、結構似合っています。
NEC_0798.jpg
2010/05/07(金)08:18
あっという間に連休が終わってしまいました。

イベントづくしの毎日でしたので、ブログの更新もままなりませんでしたが

これから何度かに分けてご報告です。

5月3日(月)

本日はツール・ド・国東。

昨年まで2年連続で出場していたのですが、今年初めに悪化した腰痛のため

ほとんど自転車に乗ることが出来ず、今回はsatsuくんと大会観戦です。

杵築市内のローソンにて
集団が来た

すごい数の自転車が迫ってきます。

これほどの自転車集団を見ることはなかなかないでしょうね。

ツール・ド・国東の出場者数は今年3,000人を超えたそうで、西日本でも最大級との話です。

まさに圧巻。

観戦場所を移動して次はコース序盤の最難関となっているチシャの木峠へ。

参加一年目、私はここで頑張りすぎた結果、後半ヘロヘロになってしまった坂です。

皆が懸命に坂を上る姿に私も一生懸命応援していました。

ここで1時間ほど観戦した後帰宅。

帰りにもたくさんの自転車とすれ違いました。
NEC_0783.jpg

声を掛けてくれたtutti-さん、micさん、himenoさん、なんぱくさん

無事ゴール出来たようですね。

楽しかっただろうな~
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール
最近の記事+コメント

World-Word-翻訳
FC2カウンター

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ
英検2級英単語4択ドリル
 | 豊後杵築のきいちろうTOPへ | 
Copyright © 豊後杵築のきいちろう All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。